かごの展示終わる
 昨日までの一週間三越の6Fにてかごの展示をしていました。
今年の夏が終わったくらい働いた気分です、今は。

広島でのかごの展示は本当に久々でしたが
たくさんの方にお越しいただき
素敵な大人の方とお会いでき、お話しをして
新しいご縁もあり、知らない世界を体験できて
すごく自分にとっても貴重な時間でした。

かごたちもほとんどわたしのもとからはいなくなり
これからの季節、みなさんのもとで活躍してくれるとうれしいです。

とにかくギャラリーと違って
一週間、固い床の上に立っているというのが
運動不足の自分にはつらかった。
体力の必要性を真剣に考えます。


過去最高の量を作り、展示期間中も編み足すのは初めてで
手伝ってもらう縫製や革など、昼に渡して夕方までとか
みんなに無理を言い、母には特に言いまくり、
そして
今回からbiu craft designからatelier Taruhoに
名前を変更したのですが、ちょっと心機一転だし
タルホチームみたいな感じでがんばった気がする。
チームだからでしょうか、終わると、がんばった甲斐があって
なんか爽快な気分。

わたしは学生の時、一度も運動系のクラブに入らなかったから
根性がないし、協調性もないけど
仕事をすると、人と関わりながらしていることを感じる。
学生の時に知らなかったから、少し分かってよかった。

それに、久しぶりに会いにきてくれた先生や友達とか
すごいありがたいと思う。
そして、天国の楽も、うるさいネコたちも。








| 日々 | 17:22 | - | trackbacks(0) |
あけまして
おめでとうございます

2013年が始まりました。

年末ぎりぎりまでごそごそしていたので
あまり切り替わった感がないなぁ。

それでも新しい年なので
恒例の元日宮島初詣は行きました。
今年は昼頃に行ったので
ちょっと遅かったせいもあるけど
昨年よりさらに増した人の数、
あまりにも早く参拝の列に並ぶことになった。
わたしは大願寺に行きたいから神社はいいかなと思ったけど
妹に睨まれるので列に並ぶ。

やっと入れた回廊もぎゅうぎゅう詰めだった。
知らない家族の会話になぜか入れられてしまい、外れたいけど
外れれなくて、見ると妹と母が少し離れて笑っている。

ぎゅうぎゅう詰めから解放されたら
宮島はやっぱり寒かった。

大願寺のおみくじ
「静かに物事を見つめよ」
第45番中吉 

内容は違うが母の命題も同じだった。
それでちょっとドキッとする。


その後、町家通りへいく途中にある
行きたかった珈琲屋さんには行けなくて
でも、そこのお店の人はすごく感じがよくて
必ず、また行きたい。
それでも空腹でかなり遅くなったお昼を食べようと
入ったお店がひどかった。
穴子がゴムみたいで最高にまずかった。
みんなのもすべからくまずい。
元旦から胃に申しわけない
そんなこと言っちゃいけないかもしれないけど
がっくりする。
空腹を我慢できないことにもがっかりする。


今年は
小さな目標から
早起きしたいと思う。











| 日々 | 15:15 | - | trackbacks(0) |
久しぶりに
 夏から秋、けっこう寒いので
もう冬でしょうか、
随分、更新してなかったです。
習慣からはずれてしまっていました。


夏に行った高松から
また、この間行った冬の高松のことの
備忘メモとして。

11/23.24で高松の玉藻公園にて
瀬戸内工芸祭がありました。


当日は雨も降ったりで寒かったけど
人が作っているものはやっぱり楽しいです。
ものすごくわくわくします。

いっしょに行った向井さんが
射的をしました!
コルクを詰めた猟銃みたいなのが、でかかった。
陶器の置き物を狙うのですが、けっこうむつかしい、みたい。
向井さんの一面を知って面白かったです。
そんなお祭りみたいなこともあり
フードも充実してて、外の空気を吸いながら
とても楽しかった。
そして、素敵な大人をたくさん見ました。


またまた香川の友達モモとここちゃんに
お世話になり、マリーマリーで生地を物色。
今回のうどん屋さんは源内です!
源内は絶対また食べたい!
うどんとおでんと天ぷらです。
安くて大きくて美味しい。近所に欲しいです、切に。

とにかく、香川はいつも良い。
モモがいるからです。

周りに変な建物がない高松城


ただ、この夏から秋はけっこう
しずんでいました。
ずっと咳が出ていたからです。
咳アレルギー中にマイコプラズマ肺炎になるという
変なプラスアルファもあり
いろいろトーンダウンします。
いつにも増してネガティブになります。


咳アレルギーの原因になったかもしれない
チビ太はそれでも超かわいいので
自分の体調を直す為にもしょうがとレンコンとこんにゃくで
直すつもりです。
いろいろ見直さなければ。

かわいいチビ太



| 日々 | 17:47 | - | trackbacks(0) |
堂本印象と南禅寺
 今日は雨がよく降っている,梅雨らしく。

京都の個展が終わってから
けっこう疲れていて、そして怒濤の失敗続きでした。

やっと、なんとなく
負の軌道からはずれてきた気がします。

ですが、京都はたのしかったので
忘れないうちにメモします。


堂本印象美術館
まず、この建物に圧倒されます。
日本画や屏風絵を描いていた人ですが
晩年のヨーロッパ旅行の後のメトロの絵や
斬新な屏風絵などすごく惹かれます。
70を過ぎてなお爆発した感じ、
年齢は本当に関係ないとまた思いました。


それから南禅寺
これは南禅寺でいただけるお抹茶のお菓子です。
すごく素朴で美味しいお味です。
南禅寺の枯山水のお庭や虎の子渡しのお話など
とにかく落ち着くお寺でした。
そして、琵琶湖から引いている水道橋があります。
なんか異国の雰囲気です。
煉瓦の風合いがとても素敵で
お寺と同居しているのが面白いなと思いました。

南禅寺から歩いていけるところに
soilという北欧のビンテージのお店も
店主のお兄さんがものすごい詳しくて面白くて
そこのお店も合わせて
南禅寺辺りはかなり好きでした。

他にもいろいろ行ったはずですが
この二つが特価してヨカッタ。
案外、お店というものは忘れるものです。

もひとつ
ユキパリスコレクションでレースを堪能した後
歩いていると、出くわした白い古い洋館。
その一階に「迷子」という扉。
大量にあちこち積み重なった古本の山と
その埃臭い中に古いアクセアリーやバッグがあり
カウンターの中にひょうひょうとしたおじさん。
古い蓄音機をまわしながら
昔のものをいろいろ見せてもらって
メニューひとつの珈琲をいただき、
違う時間に迷子になったようでした。

ということからして
店主が魅力的なお店はやっぱり
覚えている。



そして、いっしょに言った長谷川さんに
教えてもらったひとつ。
一日一寺、
一日に参るお寺はひとつ、
いっぱい廻るのではなく
ひとつのお寺をじっくり楽しむことです。
これは次回京都に行った時、他の街でも
そうしたいと思います。

| 日々 | 17:39 | - | - |
野菜と糸

10数センチのお野菜ブローチ
ジョンブリアンでされているボタンとレースの
展示にあったものです。
大根、にんじん、カリフラワーにかいわれ、れんこん
ミモザやあじさいなどもあって
繊細でどれもあたたかくかわいい。
ボタンの方もボタンの為にまず糸を作って
生地を織り、刺繍をする、

丁寧な仕事と思いがすべていきわたっていて
とても刺激を受けました。
わたしもがんばろう




| 日々 | 13:39 | - | - |
水玉と体力
 
草間彌生  国立国際美術館
チューリップの部屋にて


大阪へ草間彌生を観に行く。
今まで、勝手なイメージで
あんなに水玉だらけの中に入ったら、
自分は気がおかしくなるかもしれないと思っていたけど
水玉のなかって案外落ち着きます。
細胞みたいだからか。
その一部のような。
とにかくいろんなものが増殖していく絵の中に
ときどきある女の子や靴やめがねなど
草間彌生さんってかわいらしいものが好きなのかなぁと思った。
目とか顔とか水玉とか、生まれ続けている感じに
すごいエネルギーを感じる、
生で見れてよかった。

とにかく大阪行きは
染織や織りの先生である長谷川さんが行かれるというので
便乗させてもらった。
長谷川さんの回る材料屋さんにくっついていき
面白かったし、勉強になった。
がしかし、長谷川さんとそのお友達の歩くペースが早くて
風が強くて
わたしはへとへとで
お茶したくてたまらなかったけど
お二人はお昼も食べなくて平気らしいので
お茶なんて、、だ。
昼ご飯は食べていいことになったけど、
とにかく次へ次へと歩いて廻る。

そして、
なんと長谷川さんは私の倍の年齢である。
だから、私が休憩したいなんてほんとはおかしな話だが、
わたしは天気の中で風が苦手なので、風にも負けて
ふらふらだった。
帰りの新幹線で二人にはさまれて
爆睡していた。
だけど
お二人の好奇心とパワーを見習わないといけないなと強く感じる。
年は人それぞれ、実年齢は関係ない。

このままだと自分は本当にダメだと感じ
体力をつけないと、と思う。
どうすればいいんだっけ、体力。





| 日々 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
to me
 
今日は誕生日、なんかそわそわする。

一年は間違うことなく、やってくる。
今年ちょっと遅れました、とかにはならない。
私としては、ちょっと遅れてもらってもよかった。

普段あまり年齢を気にせず生活しているけど
この日の前後はかなり重くのしかかる。
現実を見なさいと言われているようで。

重くなったのは、なんか今年からで
昨年までは割と浮かれていたのだけど。

これもまた、しばらくすると忘れるのだが。


うれしくて重たい。




| 日々 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
縁がある
昨日倉敷に行った。


目的のマーケットの広場でお店を物色する前に
知りあいを見つけた。
ターバンを巻いた小走りで走る人を知ってると思って
思わず大きい声を出した。
そしてその人がこっちを向いた。
まっちゃんである、やっぱり。

昨年の一月に尾道の一日ヲルガン座で
隣でお店を出していたボビーの友達。
ボビーは日本人で紙芝居をして歌って、おいしいパンを作る人で
まっちゃんはその紙芝居の紙をめくる人である。
まっちゃんはその紙芝居の紙を時々二枚引いてしまうけど
それもほほえましく映る人で
昨年ヲルガン座でのライブにも来ていたので
昨日で会うのは3回目である。

会うとまっちゃんはやあって握手する。
あたたかい人だ。

そして、話し込んでいたら
一緒に来た母は変な人と私が話してると思って
遠巻きで見ていたらしい。
まっちゃんはその日カラフルなかわいい毛糸で編んだバッグを持っていて
持ち手まで毛糸で編んでいて、荷物で紐が伸び気味で
帽子をかぶった上にくたびれた桃色の首に巻くものを
イスラムの人のようにターバン風に巻いていた。
だから、ちょっと仕方ない。
それで、まっちゃんはポイントがたまって免停になったとか
まっちゃんの実家がしている福山の自然食品のお店をしっかり手伝うのか
その食材でドーナツを作りたいと言い出す。
すごくいいことだと思う。
ちょっとした事情で時間ができるから
その間にタルホに修行に行こうかなみたいなことを言う。
ドーナツ作りたいって何回も言っていたのに
母はまっちゃんのドーナツ案をバッサリ切って
クッキーがいいよと言っていた。
まっちゃんは、あぁぅんと言う。
できるなら両方やればいいと思う。

まっちゃんが体に良い食材を使っておいしいお菓子を作れるように
タルホに修行に来るのが楽しみだ。

本当に生産性はないと思うけど
まっちゃんとかボビーとか平和な感じがする。



そして、最初にここを教えてくれた友達とその家族と
広場で会って寒い中みんなでいろいろ物色して、
充実の倉敷だった。
だけど母は
いっしょに連れてこられて迷惑している犬が広場には2.3匹いたけど
その子たちを同じ気分だと言っていた。









| 日々 | 23:31 | - | - |
猫のこと
 ここ数日
一気に空気が冷たくなって
雪もちらついたりしています。
冬らしい。


先日母がタルホで学生からの友達たち8人で新年会をしました。
年に二回くらいその集まりはあって
私は給仕と食器洗い担当で参加しているのですが、
みんなよくそんなに笑えるなぁというくらい笑っています。
それで、声のボリュームが大きい。
とにかく昔からの友達は気心が知れて楽しそうなんです。

その中で、この間の話題に猫の話があって
猫が嫌いの人の割合が多く、そうすると、
みんな猫嫌いに流れていくのです。
猫嫌いの輪に今まで入ったことがなかったので
好きなものを非難されるってこんな感じかと思いました。
そして、犬は好きというのです。
犬は感情表現があるからと。
猫だって、うれしかったり安心するとゴロゴロするのだから
ちゃんと表に感情を出してると思うけど
うちは犬も猫もいるのでその差は感じないし
どちらがどちらとは思わないけど
おばさんたちの迫力はすごいので
珍しく自分を抑えて反論せず疲れました。

ですが、猫たちはかわいいの塊だなぁと
やっぱり思います。
最近、静電気で
猫たちに触れるたびにパチパチなって
申しわけないけど。

犬も猫も可愛い




| 日々 | 15:52 | - | - |
新年あけましておめでとうございます
 2012年が始まりました。



元旦の初詣はいつも宮島に行くのですが
今年は人が多かったです。
厳島神社の回廊でいつもつかえるのですが
その位置がいつもとぜんぜん手前で
今年は大河の影響かなと思いました。
干支のしゃもじがうれしい。

そして大願寺でおみくじをひきます。
今年は第八番中吉、愛はすべてを許す
なんと
ちょっとびっくりです。
おみくじの言葉はほんとうにおもしろい、
なんか思い出しては考えてしまいます。

そんないいスタートを切ったのに
今、足首をねんざしています。
というのは、4日の日が変だった。
母と妹と出掛けて、
お昼にバイキングみたいなところに行ったのです。
デザートのところで
ソフトクリームを自分でコーンに入れるのですが
バーをおしてアイスが流れ落ちて
もういいと思ったのにとまらない。
それで、やばいと思って
左手を出して、ソフトクリームを受けてたら
妹がお皿で援護してくれました。
ただバーを上げればとまったんだけど。
なんかぼけてるなぁと自分を思って
大量のお皿のソフトクリームにトッピングして
寒くなりながら、そしてそんなミスを犯したことが
おかしくって笑いながら食べたのです、
それでその日の夕方ラクのの散歩に行って
ラクに膀胱圧迫したら
またいつになくミスって
手におしっこがすごいかかったので
公園の公衆トイレに手を洗いにいったら
みんなが見えなくなったので
焦って走って戻っていたら
足がぐにゃってなって
この左足をねんざするのはもう三回目です。
申しわけない。
次の日病院で先生に2.3週間マラソンはできませんよって
言われたのですが、
走っていて、って言ったのは言ったけど…
私はそんな自分に厳しい人間に見えたのだろうか
ソフトクリームさえまともにつげないのに。


でも、今年は良い年にしたいです。




| 日々 | 16:51 | - | - |
| 1/9PAGES | >>