nodusと猫
 
湯来の珈琲山荘というバス停の前に
珈琲山荘nodusはあります。
カードを作らせてもらったご縁から
先日たずねました。
贔屓目ではなく、とてもよいところです。
外観から内装まで、お店のお二人の雰囲気からもなんか落ち着きます、
時間がゆったりしているけど、だらだらとかではなく
気持ちがしゃきっとする感じです。
nodusからは滝が見えるのですが、
山の精霊とかがいて守られてる感じがします。
静かになりたい人にお勧めです。

そして、最近のこと。
猫が増えました。
6匹です、すべて私が家に入れたのですが
さすがに6匹かと思うと、責任を感じます。
もう絶対6でストップです。

先日入ってきた新入りのふうちゃんはずっと外猫で
5.6年になるリリの子供です。
ふうちゃんは風来坊のおてんばの雌猫で
ごはんはもらうけど、束縛がこの上なく嫌いなようで
リリが入ってきた後も中に入ってこないまま
5.6年経ってしまったのですが、
だんだん外生活が厳しくなって
最近見るたびに咬まれた首の傷が増えていたのです。
ある日、ふうちゃんが玄関に入って一段登ったので
扉を閉めたら、そのまま階段を上っていきました。
そこでふうちゃんが二ヤーというと、リリが返事をしたのです。
さすがは親子。

しかしその日から、リリは毎日吐き
夜中に私の枕元で嫌がらせのように吐いたりもしました。
結局廊下で出くわしてもお互いにさっと逃げる。
それでもって,あの大人しかったリリが
部屋の高い本棚に門番のように座って威嚇している。
とにかく,親子だったことは忘れて
先住猫と新入りの関係でしかないようです。
しかも気の合わない。
忘れるのか…親子でも。
毎日猫たちに振り回される。









| note | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
 川沿いにならぶ満開の桜
今日は風が強くて
桜の花びらがひらひらではなく、すごい勢いで散っていた。

それでも桜を見ると
ほっとする。

一ヶ月経っても大きな余震が起きた。
もう十分に、なのに。


西にいると、緊迫した雰囲気はそれほどないので
この普通の日々を送れることに
感謝する
テレビで見る津波の爪痕は
今まで何度も見てきた原爆の後の写真のようだった。
それは自分の頭に記録された一番惨い風景なのに。

3.11から、目の前のことだけじゃなく
いろいろ考え方や意識が変わった気がする、
映像や新聞なので知る被害の様子に
心が痛むし想像を絶するが一方で
頑張っている人たち協力する姿を見て
本当に感動する
こんなことが起きないと気付かないのは
情けないかもしれないが
なにか大きくいろいろ変わる気がする。






| note | 21:26 | - | - |
いい日だった
昨日は誕生日 いい一日だった。

朝はいつものお絵描き教室が一変!
ギター弾き語りがはじまり…

子供たちはいつもいない男の人が座っているので
最初戸惑いつつ、でもいつもの調子で絵を描こうとする。
けれど、すごくいい声でとなりから歌が歌われはじめ
本格的でみんなびっくりしたはず、
そして気にしつつも絵を描きつづけている。
初めての試みでどうなるのかすこし心配だったけど
面白かったのです。
子供たちにも槇さんの声がちゃんと届いていて
一枚目の絵はあんまり関係のないものを描いていたのだけれど
途中からギターの絵を描いたり
ギターを弾いている槇さんを描き始めて
最後には
みんなが自分の描いた絵に槇さんのサインを求めて楽しかったーと。
帰りには別れが名残惜しそうな。

おまけにハッピィバースデーを歌ってもらい
わたしも超感激でした。

槇さんは役者さんで
ちょっと前にふらりタルホに現れたのです。
今度2月26・27・28日にアステールであるお芝居
「彼の頭上、雲たなびく」に出演されます。
それで何かできたら と??
よくわからないけど
心がきれいそうな人だというのは母も私も確信したので
何かしましょうとなったのです。
こんなゆるい感じの口約束が
すごく楽しいことにつながって
一期一会だなぁと。

その後も思いがけずのプレゼントなどなど
おぉ素敵な誕生日だった。

※写真の絵はなぜか忘れて帰ったれおん君の描いた絵
| note | 18:21 | - | - |
そうか、きみはもういないのか
一期一会

たくさんの出会いと同時に別れもあります。

そういう日はなんだか感じていても
実際にに起きるとやはり信じられない気がします。
心の準備など到底できないものだと。


お会いする時はいつでも
おしゃれで
朗らかで
好奇心に溢れてるその姿に
自分も刺激を受け
パワーをもらい
学ばせてもらっていたのです。
病気の話を聞いても
医学は進歩してるし奇跡が起きて
消えてしまうような
消えてしまってほしいと思いたい
素敵な人でした。



そして
お別れの日
ご主人の言葉にせつなく胸が詰まりました。

妻は
妻であり恋人であり妹であり姉であり
そして同志であり
一人の人をなくしたが
自分にとってはいっぺんにたくさんの人をなくしたようだ

そうか、きみはもういないのかと
これからかみしめる日々が来るだろう、と。


なんと愛に溢れているのか
ただ私は感謝するばかりです


| note | 23:36 | - | - |
かご plus展 松山にて


今年のかご展は初の四国松山jumonさんにてはじまりました。
27日まであともう少し。
広島からは海をまたいでお向かいです。
スーパージェットという速そうなのに乗って
一時間ちょっとで愛媛なのです、なんと結構近いのです。

かごバッグは42こ、今年ははじめて洋服も作りました。
そしてシルバーのあびちゃんと真鍮のアクセサリーko−yaさんも
お誘いして、こころづよく「かごplus」展を迎えることができました。


jumonさんの展示風景、左側。
ギャラリーのオーナーさんの集められているアンティークの什器を自由に使わせてもらった空間は、誰かの趣味の衣装部屋のような感じです。
鍵のロッカーはアクセサリーを飾り、階段にもかごが並び、額が浮かんで、
会場を作るのもすごく面白かったのです。
なので、それも含めて展示はやりがいがあって楽しいのだなぁと思います。

それに思いがけず広島から、そしてまたしても香川から友達が来てくれたり、
展示が始まるとなんか超幸せな感じです、産みの苦しみの後の幸せみたいな。おおげさでなく。
こういう時本当に一人では何もできないし、いろんな人のかかわりや縁を強く感じ、感謝するのです、展示前は暴君なのだけど。


先週の木曜日に松山に行ってもう一週間
先週末に帰って、もうだいぶ経ちますが
展示前までの張りつめた糸が切れたかのようで

松山前篇終わり。
| note | 00:14 | - | - |
春なのに
川土手に並ぶ木には
いっせいに蕾がふくらみ
猫にはノミがいた。
春。


今日なんかふと思って電話して知ったこと。

モノを真面目に作っている
質を大事にして作っている人が
作ることを続けられなくなる。

こんなことがあっていいのか、
残念だし悲しいし悔しいし

自分は何か出来たのだろうかと思い返すが
そんなものはちっぽけすぎて
巨大な黒い波が善きモノまで飲み込んでしまうようだ。
あと少しで
これからって思っていたのに。

ほんとにすぐそこに見えた気がしたのに
残念でならない

だけどいつか必ず戻って来てくれると願う。
作る楽しさを知ってるのだから。



| note | 23:33 | - | - |
個展終わる ような
無事今年最後の個展が終わりました チラシの上では
ありがとうございます。

しかしながら
あと、三日間、水曜日まで
おまけです。

最終日がまだ続きます。
こんなことはめったにないので
それはそれで
面白いかな。

ということで
しつこく17日まで、


| note | 23:05 | - | - |
個展はじまる
本日2008年最後の個展がはじまりました。
「Eggs」展、CEROにて

たまごにまつわる物語とそこに登場する人たち
可愛くないリースとパラシュートがあります

誰かの書斎に
ひとり机に座って、誰かの集めた本を
こっそり読むような

もしくは
今日は初日なのに
時折寒い雨が降ったけど
その雨待ちにしようか
と立ち寄ってもらいたい
展示です、

とにかく
無事にはじまりました、
どうぞよろしくお願いします。

今日は幸運にも新月で
しかも僕らの音楽に
TokyoNo.1SoulSetが出ていて
超嬉しいすべりだしです。







| note | 00:26 | - | - |
ブドウとブドウ酒
昨日までの雨から打って変わり
今日は快晴、気持ちよい秋空。
タルホを閉めてブドウ狩りへ。

三箱いっぱいにして、帰ってから
今度はコンポートに、
夜は栗をむき
実りの秋を満喫しております。



タルホでのケーキやランチに
秋の味覚を楽しんでいただくため
丸い窓のついたキッチンの中で
母は下ごしらえからジャム作り
何やらずっと動いています。

秋は大いそがし


ところで昨日は
ワインのお店に連れて行ってもらったのです。
ここがうちのダイニングだなんて
うらやましい限り、
お店のオーナーは稲垣足穂が好きだなんて
私は親しみを覚えずにはいられず、
料理も美味しく、
謎な人がいて、
そしてレース屋さんのご婦人や
なんかそうとうお洒落なおじさんが
ふらりとひとりでいらっしゃる
すてきなお店です。

この何年もお酒を断っていた私ですが
昨日ばかりは
ちょっと飲みたいなと思いました。
というより、飲めないことが悲しいくらい。
ワインをおいしく楽しんでいる人たちや
お店のなんかとてもいい雰囲気から
こんな楽しそうなことを味わはないのはもったいない、と。

絶対にそうだ





| note | 23:38 | - | - |
考える
喫茶が始まって
遅れること一週間。
ようやく案内ができました!

送りま〜す〜 ご一報を。

ところで
今日教室にて
お日様を食べたらいいよというお話が。
お日さまをパクッと。
なんと!

今日は雨だから食べられない・・・

二三日前
猫のリリが私の部屋で
ヤモリのしっぽを切って
ヤモリ自体をいたぶって遊んでいました。。
ふー
いつも裸足なのにその日はスリッパを履きたくなった。
しかし今日
そういう時、つまり鳥や昆虫やヤモリとかとって来たら
猫は見てみて〜って感じなんだから褒めてあげないといけないって
教えてもらい
ひーできるかな。

明日はお日さまをぱくっとしたい
あたたかくなりそうだ。


| note | 19:28 | - | - |
| 1/2PAGES | >>