<< 「絵の中の切手 切手の中の絵」 | main | こども パワー >>
print+felt


これはテキスタイルの吉谷美世子さんの作品です。
布とフェルトの融合で
実物は雪の結晶が雪のようにふんわりした肌触りのフェルトに浮かび上がっていて、画像が悪いのが悲しい。

フェルトは丸めたりニードルフェルトで遊んだことしかなかったのですが
こんなに奥が深いとは。結構実験ぽいなと思いました。
これとこれを組み合わせたら、こんな感じになった みたいな。
計算と偶然が組み合わさってる感じです。

まずシルクに自由に絵を描き蒸した後
原毛を縦糸横糸のように並べていき
なんかテクニックがちりばめられながら
シルクと原毛をからませていき できあがり。

私は吉谷先生のワークショップに
好奇心のみで参加しましたが
みなさん県外の方も多く、みんな技術をさらに身につけるようで
とにかくしゃきしゃきと、楽しく
そこも学ぶこと多しで
11時から5時までがあっという間に過ぎていたのです。

しかも数日前にぎっくり腰が癖になったのか
腰を痛めていたにもかかわらず
やってる最中は、痛いことも忘れて超楽しかったのです。

新しいことを習うのはなんと楽しい!

できた作品はというと
絵のところまでは調子が良かったけど
それが原毛をからんでどうなるのかの予想が全く外れていて
愕然としたけど
一日たつと、それもいとおしくなりました。
なので、今からビーズを刺したり刺繍をして
遊ぼうと思ったら、なんかまた楽しくなってきたー

よかった


| つくったもの | 23:24 | - | - |