<< 山へ | main | 窯出し >>
木と鉄


今、manosで行われている「木のしごと 鉄のしごと」
山本美文さんと成田理俊さんの展示
前から楽しみにしていたのです。

木と鉄
それと聞くだけでもう見たくなる。
山本さんの木の器は
使っていくとだんだんミルク色になるそうです
木の温もりと洗練された雰囲気があって
その器に何をのせようか
今から楽しみです。
山本さんの丸い眼鏡がすごく素敵で印象的でした。

そして鉄
鉄という素材が私はそもそもすごく好きみたいで
気づくと古道具屋さんでは
いつも鉄のものを集めている。
それで
昨年のもみじ市で出会った成田さんの鉄は
自分が好きな感じがそのままあるようで
その曲線や形、薄さなどすべてが
すっとくる、
そしてなんかちょっとくすぐられる部分があって
魅かれるのです。
今回はフライパンとスプーン
鉄のスプーンって今まで考えたことがなかった。
豆腐を食べたりしたらいいらしい
なんと
楽しみ

成田さんは車で11時間もかけて来られてたから
相当お疲れの様子
ひょうひょうとした雰囲気でなんか頭の中が面白そう
もっと聞いてみたいことはあったけれど
初日はたくさんの人だった。

それでもって成田さんはまたすぐに
西に向かって出発された。
ひどい雨の中大丈夫だったのだろうか。



長く使いたいものたち
うれしい









| mono | 23:29 | - | - |