<< 無題 | main | 星さんのセーター >>
 川沿いにならぶ満開の桜
今日は風が強くて
桜の花びらがひらひらではなく、すごい勢いで散っていた。

それでも桜を見ると
ほっとする。

一ヶ月経っても大きな余震が起きた。
もう十分に、なのに。


西にいると、緊迫した雰囲気はそれほどないので
この普通の日々を送れることに
感謝する
テレビで見る津波の爪痕は
今まで何度も見てきた原爆の後の写真のようだった。
それは自分の頭に記録された一番惨い風景なのに。

3.11から、目の前のことだけじゃなく
いろいろ考え方や意識が変わった気がする、
映像や新聞なので知る被害の様子に
心が痛むし想像を絶するが一方で
頑張っている人たち協力する姿を見て
本当に感動する
こんなことが起きないと気付かないのは
情けないかもしれないが
なにか大きくいろいろ変わる気がする。






| note | 21:26 | - | - |