<< たまごとミルクパン | main | 秋の心 >>
8月が終わってしまう
あんまり好きじゃない夏の8月が今日で終わりだ。
好きじゃないものは、遅く感じられるのに
割と早かった。

前半 
妹がうどんを食べたいと言って香川に行く。
友達からもらったマップとnidを頼りに、まず
坂出の岡せんへ、超美味しかった。うどんの三ツ星だと思う。
あと、香川のうどんっていう感じの外で食べる、がもうへ。
安さとこんな感じでありかと思われるたたずまい。
高松では友達がやってきてくれて
umieへ行く。すごくいい。
こんなところが広島にもあったらいいなと思った。
来年ギャラリー蒼で展示もできることになって
香川がますます近くなる。

中旬
高校からの友達、チカちゃん夫婦が広島に来る。
チカちゃんたちは大震災の二日後に結婚したのだ。
絶対忘れない。
その日、いずみさん不在のヲルガン座で
一日タルホ商店というゆるい催しをやっていて
そんなのしながら、チカちゃんたちと会う。
チカちゃんは小さくて黒目が大きくて
かわいいのに辛辣なことも言うので、面白い。

同級生3人で場所を変えて、4人でミックスジュースを飲んだ。
そこから、何を話しったけ、とにかく超楽しかった。
林はミックスジュースにラム酒を入れてもらっていた。
林のお兄ちゃんにおごってもらう。
かっこいいと思っていたお兄ちゃんが普通に見えた。
チカちゃんが年上なのに”あの子”と呼ぶだんなさんは
ハナレグミの永積くんに似ているので、
最近ハナレグミを聴いている。

下旬
京都に行く。
夏旅、あえて、そして京都、四人。
その前に大阪でできたばかりのスターネット大阪へ寄る。
益子のスターネットと比較するものではないが
やっぱりスターネットは大阪にない空気感だった。
ちょっと涼しく感じる。
大阪から京都で降りたとき
もわっとした空気に包まれた。
私は恵文社で素敵な本を買った。
茂田井武のトン・パリ、
どこで買っても良いけど、思い出になった。
美味しかったのは、黒メックのパンと
錦市場のはもの皮、これは次回も食べたい。
鴨川カフェは主人がぴりっとしていて
緑が明るくて天井が高くて、下の本屋さんもすごくいい。
そして、一番嬉しかったのが
モーネンスコンピス。
井上ご夫妻に会えて、優しい感じにふれる。
陶器のボタンをカゴにつけたいと思う。
切り絵の本の展示が来年一月にあるらしい。
モーネのあるところは工場のような敷地のなかで
帰りしな、工場でおじさんが顔に帽子をかけて
昼寝していたのを横目に通る。
来年も行くぞ、京都。














| 備忘録 | 16:27 | - | - |