<< 8月が終わってしまう | main | jaajaとユーカリ >>
秋の心
 不定愁訴という言葉
漢方薬とかでよく見かけたりする
なんとなく体調が悪いことをいうのだけど
漢字は面白い!
いつでも秋の心を訴えてるという感じから
そのニュアンスが分かる。

ということは秋の心ってそんなもんなら
秋はなんとなく、
しゃんとしなくてもいいのだという気がしてきた。

それにしても残暑がひどいから
まだ肌では秋という気もしない。
ただ、TVとかの番組が終わりはじめて
いろいろ切り替わりつつあるのが分かる。
好きだったドラマも終わったし。


不定愁訴ではないけれど、
気がめいる。
タルホの木、大きくなりすぎたユーカリを
伐採しなければならなくなった。
周囲への迷惑もあるし、てっぺんが枯れてきたし
ユーカリの成長がおそろしいのもある。
それでも、伐採となると、せつない。
どうなるのか、おばけユーカリ。

それに、うちのわんこ大将ラクが
高齢といろいろでおしっこが自分でできなくなりつつある。
それで、尿様カテーテルを家でもするように
その管とか注射器を病院からもらって試みているのだけど
尿管がカーブするあたりより先に入れるのができなくて
日々苦闘している。
一番大変なのはラクだけど。
手先は器用な方だと思ったけどまるっきりダメだった、
人間もそうだけど動物も
体の中は難しい。

分かっているけど、気分がふさぐ。




| - | 16:08 | - | - |