<< カゴと絵 | main | 堂本印象と南禅寺 >>
カゴと絵_恵文社
 

今年一回目の気合いの入った展示です、


そのためか、、
夜はずっと絵を描いて猫をほったらかしていたため
搬入に行く前日の日曜日、猫のリリの様子がおかしいのに気づいたけど
その日は確保できず、新幹線に乗る前にリリを捕まえて
母に託したところ
肛門嚢が中で破裂して大変なことになっていた。
病院で膿みを出すのにメスを入れて絞り出したりして
普段おとなしいリリがエクソシストみたいな声を出したらしい。
京都から帰ってくると、リリが座っていたらしいシーツに血が付いていた。
今日は5日経って、すっかり傷も塞がっている。
ほんとうによかった、
展示をするのに、革や縫製やすべて
みんなに手伝ってもらいながらやっていて、
ほんとうに一人ではできないのだけれど
リリにまで余波が、、申しわけない。

明日は京都、リリがまたすねた感じになりそうだ。

| 備忘録 | 17:12 | - | - |