<< 堂本印象と南禅寺 | main | デザインラボラトリー蒼 >>
nodusと猫
 
湯来の珈琲山荘というバス停の前に
珈琲山荘nodusはあります。
カードを作らせてもらったご縁から
先日たずねました。
贔屓目ではなく、とてもよいところです。
外観から内装まで、お店のお二人の雰囲気からもなんか落ち着きます、
時間がゆったりしているけど、だらだらとかではなく
気持ちがしゃきっとする感じです。
nodusからは滝が見えるのですが、
山の精霊とかがいて守られてる感じがします。
静かになりたい人にお勧めです。

そして、最近のこと。
猫が増えました。
6匹です、すべて私が家に入れたのですが
さすがに6匹かと思うと、責任を感じます。
もう絶対6でストップです。

先日入ってきた新入りのふうちゃんはずっと外猫で
5.6年になるリリの子供です。
ふうちゃんは風来坊のおてんばの雌猫で
ごはんはもらうけど、束縛がこの上なく嫌いなようで
リリが入ってきた後も中に入ってこないまま
5.6年経ってしまったのですが、
だんだん外生活が厳しくなって
最近見るたびに咬まれた首の傷が増えていたのです。
ある日、ふうちゃんが玄関に入って一段登ったので
扉を閉めたら、そのまま階段を上っていきました。
そこでふうちゃんが二ヤーというと、リリが返事をしたのです。
さすがは親子。

しかしその日から、リリは毎日吐き
夜中に私の枕元で嫌がらせのように吐いたりもしました。
結局廊下で出くわしてもお互いにさっと逃げる。
それでもって,あの大人しかったリリが
部屋の高い本棚に門番のように座って威嚇している。
とにかく,親子だったことは忘れて
先住猫と新入りの関係でしかないようです。
しかも気の合わない。
忘れるのか…親子でも。
毎日猫たちに振り回される。









| note | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.biu.mond.jp/trackback/1629798
トラックバック