<< デザインラボラトリー蒼 | main | 久しぶりに >>
 
これは高松のデザインラボラトリー蒼から見える海です

蒼の壁のひとつ

カフェの方 緑のイスに座ると海が見えます

ここでワークショプをする

そしてカゴの展示、

この8月いっぱい蒼でカゴと絵の展示をさせていただきました。
蒼は海と空と本がたくさんある気持ちのよいところです。
とにかく、ゆったりします。

後半の二日間、皮籐で作るブローチのワークショップをしました。
皮籐の色はたくさんあるので、みなさん色合わせに悩まれる。
そして、結び方には細かい法則があるので、
ちょっと、こんがらがります。
だけど、最後楽しかったーといってもらえたので
ほっとしました、ヨカッタ/
高知から来てくださったお二人で
年配のご婦人はすごく手先も器用な方だったんですが、
昼間のワークショップのドリンクで
「ビール!」と言われたので、
おっと思いました。おもしろい。


そして、二日間のあいだ
香川の親友モモの家族にお世話になっていました。
ちびっ子が計3名、こどもはまったく手加減をしないので、驚く。
今、痛さの加減の練習中なんでしょう。大事である。
笑ったり泣いたり、大忙しです。
香川の言葉はなんか関西弁にも近く
柔らかいので、人懐っこい感じがして
距離がすぐ近くなる気がします。

モモの家族にたいへんたいへんお世話になる、
そして、またいろいろ連れてってもらう。

mariemarieという手芸屋さんは閉まっていましたが
そこのアカネビルの廊下の壁に、また発見。
山口一郎さんの絵です、蒼の鳥の絵もそうです。
ご本人も髪の長いなんか面白そうな優しそうな方です、
そして壁にぺたぺた貼ってあるのがいい。

これは親友姉妹の習っている讃岐かがり手まり
玉から作るそうです、細かくてかわいい
とてもかわいい

そして忘れてはならない、もちろんの うどん

今回は日の出製麺所に連れてってもらいました。
すでに長い行列!黄色い傘と氷を列に配ってくれます。
こしがあっておいしい、ネギははさみで切って
天かすをかけて頂きます。

それから
猪熊弦一郎美術館、その日丸亀はお祭りで賑やかでした。
ホンマタカシの写真と物物
私は猪熊さんの集めたものの画集は持っていますが
本物をまたこういう形で見ることができて
「物物」はすごく好きでした、高鳴ります。

そして行ってみたかったnishinishiへ。
とてもうれしい出会いとなり、今後楽しみです。
旅は大切だなぁ、と改めて思いました。

とにかく、
香川は
晴れた空と低い山と
美術館がたくさんあって、うどんがあって最高でした!


| 備忘録 | 15:45 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.biu.mond.jp/trackback/1629800
トラックバック